起業せずに日本に投資して移住することは可能ですか?「取締役」として日本企業に投資する具体的な流れとメリット

2023年1月28日

起業せずに日本に投資して移住することは可能ですか?「取締役」として日本企業に投資する具体的な流れとメリット

投資で日本に移住するというと、起業したり、社長として日本企業を買収したりすることを真っ先に思い浮かべる方も多いと思います。しかし実際には、社長になるだけでなく、日本企業に投資して取締役になることも、日本への移住を成功させるのに役立ちます。

実は、この方法で日本に投資して移住すれば、比較的リスクが少なくて済みます!

日本企業に投資することで、どのように日本に移住することができますか?そして、自営業に対するこの方法の利点は何ですか?この記事では、上記の質問にお答えします。日本への投資移民の夢をさらに前進させるのに役立つことを願っています.

あなたが上司である必要はありません!取締役として日本企業に投資すると、うまく移住できるかもしれません

取締役(とりしまりやく)とは、主に会社の日常業務に責任を持ち、会社の発展の方向性を決定する取締役を意味します。

大企業の取締役は、経営効率を高めるため、原則として所有者(株主)が兼任することはありませんが、中小企業はリソースが不足しているため、事実上、ほとんどの取締役は会社の株主によって兼任されています。したがって、日本で取締役になりたい場合は、日本の中小企業への投資を検討できます。

ただし、日本では株主が経営管理ビザを申請することは認められていないため、株主になったからといって取締役になれるわけではありません。出資後にビザが取得できなくなる事態を避けるため、取締役になれるかどうかを事前に会社に確認してください。また、投資後に会社の運営に参加しない場合、例えば最も基本的なスタッフ会議にも出席しないと、ビザの取得が難しくなります。

会社の取締役になった後、日本に定住するための「経営ビザ」を申請することができます。このビザで5年以上日本に滞在すると帰化申請をして日本国籍を取得でき、10年以上滞在すると日本での永住権を取得できます。

日本企業に投資する4つのメリット

日本企業に投資する4つのメリット

起業したり、社長が日本企業を買収したりすることに比べて、日本企業に投資するメリットは何ですか?以下、日本企業に取締役として投資するメリットを4つ紹介します。

日本でビジネスを始める際のさまざまな些細なタスクを簡単に完了することができます

自分でビジネスを始めるのに比べて、日本企業への投資は雑用が少なくて済みます。起業して経営管理ビザを申請する場合は、まず、起業する会社が少なくとも以下の3つの条件を満たしている必要があります。

  1. 日本に実在する固定の事業所(事務所)を持っていること
  2. 日本国内に法人口座を有し、資本金が500万円以上であること
  3. 永住権または永住権のある日本国籍または外国籍の正社員を2名雇用

これらの条件は、一見単純に見えますが、実際にはそれほど簡単ではありません。極めて老人ウィルオフィスを借りて銀行口座を開設するときの岩を打つ

逆に、日本企業に投資すれば、企業自体がすでに存在するため、これらの問題に対処しやすくなります。

日本語が苦手でも、会社経営の経験がなくても心配いりません。

経営・管理ビザの申請条件の1つとして、日本で会社経営関連の業務に従事している必要があります。日本で会社を経営するには、日本語とマネジメントスキルの両方が非常に重要です。

自分の日本語があまり得意でない場合や、会社を経営した経験がない場合は、実際にやって学ぶ必要があり、直面するリスクは高くなります。

取締役として日本企業に投資する場合、あなたは取締役の一人にすぎないため、会社の経営はその会社の大ボスや他の取締役に頼ることができます.この場合、日本語があまり得意でなくても、会社経営の経験がなくても、あまり心配する必要はありません。

起業リスクの低減

多くの人は、会社を設立することは起業することと同じだと誤解していますが、実は会社を設立することは、起業の第一歩に過ぎません。投資による日本への移住を成功させるには、会社を設立してから少なくとも1年は「生き残る」必要があります。残念ながら会社が途中で失敗した場合は、新しいビジネスをゼロから開始する必要がある場合があります。

那麼新創公司的首5年易捱嗎?答案是相當困難。台灣經濟部曾經做過1項調查,99%新創公司都都會在創業5年內倒閉!而當中90%的公司更撐不夠1年便結業。如果你本身沒有營運公司經驗,那麼公司倒閉的機會便更大。

另一方面、取締役として他人の会社に投資する場合、リスクは低くなります。会社自体がすでに動いているという事実に加えて、会社には大きな上司や他の取締役もおり、未経験でも頼れる「パートナー」がいます。.これは、負担する必要のあるリスクが低いことも意味します。

毎月安定した「役員給与」が受け取れる

日本で生活する上で、毎月安定した収入を得ることは非常に重要です。取締役に就任後、毎月役員報酬を受け取ることができます。役員報酬は、原則として会社の業績や利益、会社の事業計画に応じて決定されます。比較的経営状況が安定している会社に投資すると、毎月の役員報酬が比較的多くもらえる

もちろん、起業して社長になれば、スタッフの一員としてお金を払うこともできます。しかし、スタートアップ企業の経営状況と見通しは不確実であるため、一般的に言えば、起業して最初の数年間の従業員の報酬はあまり高く設定すべきではありません。赤字が多くなります。実際、スタートアップの社長の中には、最近の卒業生よりも給料が低い人もいます。

日本での生活をより安定させたいのであれば、起業するよりも日本企業に投資する方が適しています。

日本企業への投資のデメリットと注意点

日本企業への投資のデメリットと注意点

多くのメリットがある一方で、日本企業への投資にはデメリットがないわけではありません。日本企業に投資する前に注意すべきポイントを見ていきましょう。

ただの株主だとビザ申請がうまくいかない

日本の法律では、経営ビザを取得するためには、実際に会社の運営に参加しなければなりません。もしも株主として出資しても取締役(取締役)にならない限り、ビザはうまく取得できません.ビザを申請するには、会社の社長または取締役でなければなりません。

投資を決定する前に、資金を投資した後にビザを申請できなくなることがないように、社長または取締役を務めることができるかどうかを確認してください。

投資する前に、会社の運営状況を注意深く確認する必要があります

日本企業への投資は、起業に比べてリスクは低いですが、リスクがゼロというわけではありません。誤って経営状況が悪く、赤字が深刻な企業に投資してしまうと、投資先が倒産してしまう可能性があります。

投資失敗のリスクを減らすために、投資を決定する前に会社の運用状況をよく確認してください.可能であれば、決定を下す前に専門家のアドバイスを求めることもできます。

500万円以上の資金を用意する必要があるかもしれません

オンライン500万円あれば投資で日本に移住できるという情報が多いですが、日本企業の株主になって取締役として日本に移住したい場合は、さらに資金を用意する必要があるかもしれません。、例えば1,000万円。

「500万円で日本企業の株が買えるのではないか?」もちろんそんなことはありませんが、500万円で買えるのは、セルフサービスのコインランドリーや飲食店などの小規模な会社だけです。個人または中小企業. 多く、または物理的なオフィスのないオンラインストア.

入国管理局は、経営管理ビザを申請する際に会社の規模を審査するため、これらの小さな会社に投資すると、ビザの申請が失敗する可能性があります。また、常勤の従業員が 2 人いない会社や、常勤のオフィスを持たない会社も、ビザの取得を妨げる可能性があります。

ビザを正常に取得する成功率を上げるためには、比較的安定した収益とより良い経営条件を持ついくつかの企業に投資することが一般的に推奨されます.しかし、これらの企業に投資するには、2,000万円から3,000万円の資金を用意する必要があるかもしれません。

投資で日本に移住する予定ですか?日系企業の具体的なプロセスに行きたい

投資で日本に移住するには、日本企業に取締役として出資するのも一つの方法です。この方法は、自分でビジネスを始めるよりも簡単です。自分で会社を見つけたり、銀行口座を開設したりする必要がないことに加えて、ビジネスを始めるために必要なリスクも低くなります。さらに、毎月の収入がより安定します。

ただし、日本企業への投資は完全にリスクがないわけではありません。誤って赤字または経営状況の悪い企業に投資した場合、投資はお金を失うだけでなく、日本に移住できなくなる可能性があります。無事です。

日本への投資や移住に興味はあるけど、どの方法がいいかわからない方はこちらもどうぞお問い合わせ、または他の専門家からアドバイスを求めてください。

日本から定期的に役立つ情報を受け取りたいですか?
急いでこのページを気に入ってください!

今週のトップ5記事

  1. 日本大学ランキング2023年版+世界ランキング・国内ランキング・ご希望の大学を選ぶのに役立つ7つのレベル (17,254)
  2. 日本留学費用を徹底分析|留学1年間の学費・生活費はいくら?お金を貯める方法はこれ! (8,863)
  3. 早くても1年で永住権を取得できますか?日本に移住する6つの方法を紹介します (8,000)
  4. 【2022年最新ランキング】7枚の日本のGeanSIMカードを徹底比較@月額850円で最安値! (7,481)
  5. あなた自身のPRを書く方法がわかりませんか?就職の面接に合格するのに苦労せずにあなた自身のPRを書くのを助けるための実用的なスキルと方法 (7,154)

-日本の移民情報
-, ,

©2023ジャパンライフメディア