※当サイトにはマーケティング広告が含まれております

不動産を購入して日本に移住できますか?現実はそれほど理想的ではありません!投資移民に代わる2つの現実的かつ実現可能な選択肢を紹介

2023年11月12日

不動産を購入して日本に移住できますか?現実はそれほど理想的ではありません!投資移民に代わる3つの現実的かつ実現可能な選択肢を紹介

インターネット上の多くの情報では、不動産投資(住宅の購入)が移民を成功させるのに役立つと書かれていますが、実際には、日本は伝統的な意味での移民国家ではなく、不動産投資移民ビザは存在しません。全然。

「理想主義的に考えると、甘い夢が台無しになる運命にあります。」 事実を明確に理解していなければ、不動産購入に投資するかもしれませんし、日本に XNUMX ~ XNUMX 年住んでからビザが取得できないことに気づくかもしれません。更新された場合、引き続き日本に在留することはできません。

妻や兵士を失いたくない、多額の資金を投資したのに移民できないことが判明したくない、という場合は、この記事で説明されているさまざまな事項を忘れずに理解してください。

まずは日本への入国に関する基礎知識を学びましょう

なぜ不動産を購入して日本に移住することが最も理想的な移住方法ではないのかを説明する前に、まずは日本への投資に関する基本的な情報を簡単に紹介しましょう。

投資移民に必要な「経営管理ビザ」

冒頭の挨拶で述べたように、日本は伝統的な意味での移民国ではなく、投資移民ビザを持っていません。日本に投資するには経営管理ビザを申請する必要があります

経営管理ビザは、日本で事業を始めたい外国人を対象としたビザです。日本で不動産を購入して投資する場合は、まず日本に会社を設立して資金を注入し、その会社名義で不動産を購入する必要があります。住居ユニットの賃貸に成功すると、会社は家賃収入を得ることができ、会社のオーナーとして、それを使って日本に移住するための経営管理ビザを申請することができます。

ただし、もちろんすべての会社経営者が経営管理ビザを申請できるわけではありません。経営管理ビザを申請するには、企業は以下の3つの基本条件を満たしている必要があります。

  • 資本金が500万円以上であること
  • 会社は実際のビジネスを持っている必要があります
  • 会社のわかりやすいオフィスの場所

さらに、また、日本人または永住者を2名以上雇用し、月給20万円以上を支払う必要があります。。 20万円は日本の会社員の基本給に相当します。上司の月給が20万円未満の場合、入国管理局が会社での生活が困難と判断し、ビザ申請を却下される可能性があります。

ビザ申請から始まります!少なくともあと5年はかかる

経営管理ビザを申請したら、ほっと一息つけると思いますか?そう理想的に考えれば、当然、この甘い夢を打ち砕く新たな災害が起こるでしょう。

実は、経営管理ビザの申請は最初のステップにすぎず、実際に日本に移住(帰化)するには、日本に5年以上居住する必要があります。帰化するつもりはないが、永住権、いわゆるグリーンカードを申請したい場合は、日本に10年以上住んでいる必要があります。

一般に中小企業の経営者は1年間有効の経営・経営ビザしか申請できないため、毎年入国管理局でビザを更新する必要があります。。あなたの会社が実際に運営されていない、または運営が困難であると入国管理局が判断した場合、ビザを正常に更新することはできません。

ビザを正常に更新するには、会社に一定の収入が必要です

経営管理ビザを正常に更新するには、会社が実際に運営されており、少なくとも毎月の給与をカバーできる十分な売上高があることを入国管理局に証明する必要があります。

入国管理局は具体的な数字を明らかにしていないが、一般的には自分自身の給料が月額20万円を下回ることはできず、そうでないと他の従業員の給料を支払うことはおろか、会社の上司ですら日本での生活が困難になる可能性がある。

また、会社の純資産(資産-負債)がマイナス、つまり債務超過の場合には、入国管理局から改善計画(事業収支改善計画)の提出を求められる場合があります。会社の業績を向上させます。

改善計画を作成するには専門家を雇って作成し、レビューする必要がある場合があり、これにも費用がかかります。

不動産を購入して投資として移住できますか?現実はあなたが思っているほど単純ではありません

不動産を購入して投資として移住できますか?現実はあなたが思っているほど単純ではありません

不動産を購入して投資移住した場合、家賃収入で会社を経営することはできますが、家賃を集めるために住宅一戸に投資しただけでは、家賃収入が経営管理ビザの申請要件を満たさない可能性があります。以下では、なぜ不動産投資移民が想像ほど単純ではないのかについて詳しく分析していきます。

住宅ユニットを購入して賃貸する場合、ビザをうまく申請するのは困難です

もちろん、不動産の管理も会社の業務と言えますし、実際、日本にはオーナー(家主)向けの不動産賃貸に関する管理を行う不動産管理会社が数多く存在します。しかし、あなたの会社が住宅ユニットを 1 つしか管理していない場合、会社の月次売上高を考慮すると、入国管理局にビザを許可してもらうのは困難になります。

東京都の住宅価格をもとに計算し、新築の1人用ユニットは約3,500万円; そしてこのようなユニット月額リース料は10万円程度; さまざまな管理費、維持費、税金を差し引いても、月々の純利益はわずか 8 万円程度で、月々 20 万円以上を自分で支払うには十分ではありません。

純家賃収入で自身の報酬をまかなうには、3万円の物件を3,500回に1戸購入する必要があり、XNUMX億円以上の投資が必要となります。!会社を損益分岐点にしたいなら、もっと投資する必要があります。

最初に 1 ユニットを購入し、その後他のユニットに投資する予定であることを事業計画に記載することも解決策となる可能性があります。ただし、1年後もビザを更新する必要があることを忘れないでください。その時点で投資資金が捻出できず、合理的な説明がなかった場合、経営管理ビザが更新されず、これまでの努力が無駄になる可能性があります。

B&B を経営する場合は、収入と支出のバランスを取るように努める必要があります。

賃貸にしないならB&BやAirbnbを経営しても大丈夫ですか?はい、しかしそれはあなたが思っているよりも複雑かもしれません。

による "民泊新法(住宅宿泊事業法)」により、一部の指定地域を除き、B&Bは年間最大180日、月に約15日しか営業できません。月商20万円を達成するには、たとえ月15日の宿泊を確保できたとしても、B&Bの1.3日あたりの宿泊料金は3円以上必要で、これは4つ星からXNUMXつ星の宿泊料金に相当します。東京のホテル(レストラン)。

オンラインプラットフォームの手数料、各種消耗品の購入、清掃費などを含めると、1泊あたりの費用は2万円程度で損益分岐点になる場合もあります。

もちろん、旅館業免許と呼ばれる「簡易旅館業許可」を申請してホテルを直接運営することも可能です。ただし、このライセンスを申請するには、法的要件に準拠するためのさまざまな機器を購入する必要があり、その費用は常に数百万円かかる場合があります。

日本への投資移民補欠2名代替方法

不動産を買ったからといって日本に移住できるわけではないのですが、投資でうまく日本に移住する方法はあるのでしょうか?以下では、投資による日本への移住を成功させるための2つの方法を説明します。

もちろん自分でビジネスを始めるのも一つの方法です。ただし、起業経験がなく、起業のアイデアもなく、日本のビジネス文化や習慣についてもよく知らない場合、起業のリスクが高すぎる可能性があるため、ここではこの方法については詳しく説明しません。いる。

他社の既存事業を「事業譲渡」により買収・運営

事業譲渡とは、簡単に言うと、他社の事業や事業を買収(買収)して、自社で運営することです。買収されるビジネスは、ラーメン店、居酒屋、美容院などになる可能性があります。事業譲渡では、事業に必要な資産や人材を全て買い戻すことができるため、買収後すぐに事業を開始することができます。

さらに、買収した事業は既に運営されているため、単独で事業を立ち上げるよりも事業譲渡により会社を運営した方が損益分岐点が高くなります。

買収する前に企業から実際の事業の経営状況や収支状況を知り、赤字がないことを確認した上で買収を決定することができ、事業失敗のリスクを軽減できます。

ただし、買収した事業は良好で現在も営業しているため、事業譲渡による移住には、個人で事業を始めるよりも初期資金が5,000万円、場合によっては1億円と高額になる可能性があります。

初期投資資金を節約したい場合は、期間を限定した事業譲渡を検討することもできます。契約完了後は売主に返却する必要があるため、価格は比較的安価です。また、業務上の責任も軽減されるため、ビジネス経験が浅い方に適しています。

ただし、この種の事業譲渡契約は通常5年間であるため、帰化(帰化)の予定がなく、10年住んで居住権を申請する予定の場合は、新たに仕事を見つけるか、新たに雇用先を創設する必要があります。契約が終了する前にビジネスを開始し、日本に滞在し続けるために新しいキャリアを確立してください。

日本のチェーン店に入社してビジネスを始める

初期資金を抑えたい場合は、日本で起業してフランチャイズ店として移住することも検討できます。日本のチェーンのブランドを使って自分の店を開くには、フランチャイズ料200万円を支払うだけで済みます。

開業・運営に関するスキルや知識は本部が提供するため、人員の手配と場所を借りるだけで正式に開業できるため、個人で開業するよりもはるかに簡単です。チェーン店によっては設備のレンタルサービスを行っているところもあり、出店に必要な設備を自分で購入するのではなくレンタルできるため、初期費用を抑えることができます。

ただし、フランチャイズ店を通じてビジネスを始めることには欠点がないわけではありません。デメリットとしては、商品内容を自由に変更できないなど、運用の自由度が低いことが挙げられます。レストランをオープンし、日本に香港人を呼び込みたいと考えて、香港式ミルクティーの発売を計画すると、成功するまでに 1 つのハードルを乗り越え、多くの申請と審査を通過する必要があるかもしれません。また、商品や商品の価格は本部が直接決定するのが一般的であり、店主であっても独自に値下げすることはできません。

同じチェーン店であっても、店舗ごとに異なる価格で商品を販売することはできません。

さらに、本社は、特定のビジネス目標の達成や特定のビジネスノルマの達成を要求する場合もあります (たとえば、さまざまなフェスティバルの前に一定数のホリデー商品を販売する必要があるなど)。目標を達成できなかった場合は本部から改善を求められる場合があり、長期間改善が見られない場合は代理店契約を解除される可能性が高くなります!

曾經コンビニのフランチャイズ店オーナーが自筆で書いている人もいる人件費を節約するために徹夜で店番をしなければならず、1,000日以上も休日がなかったそうです。

要約

不動産を購入して家賃を徴収すれば、日本で経営管理ビザを申請するのに役立つかもしれませんが、ビザを正常に更新するには少なくとも20万の家賃収入が必要であるため、1つの住宅ユニットにのみ投資する場合、家賃収入は収入要件を満たしていないため、ビザを正常に更新できません。

ビザの更新を成功させるためには追加投資が必要となる場合があり、投資による日本への移住を成功させるには総額1億円以上が必要になる場合があります。

不動産を購入して移住する以外にも、事業譲渡により他社の既存事業を買い取り、自ら経営するなどの方法で移住することもできます。必要な資本が少なくて済むことに加えて、運用リスクも比較的低くなります。

日本への投資移民についてさらに詳しく知りたい場合は、ここにアクセスしてください。お問い合わせ。

日本から定期的に役立つ情報を受け取りたいですか?
急いでこのページを気に入ってください!

今週のトップ5記事

  1. 日本大学ランキング2023年版+世界ランキング・国内ランキング・ご希望の大学を選ぶのに役立つ7つのレベル (18,572)
  2. 早くても1年で永住権を取得できますか?日本に移住する6つの方法を紹介します (13,200)
  3. クレジットカードなしで日本に住むのは不便ですか?外国人や留学生におすすめの日本のクレジットカード5枚 (11,809)
  4. 日本留学費用を徹底分析|留学1年間の学費・生活費はいくら?お金を貯める方法はこれ! (10,623)
  5. 【2023年最新ランキング】7枚の日本のGeanSIMカードを徹底比較@月額850円で最安値! (9,999)

-日本の移民情報
-, , ,