※当サイトにはマーケティング広告が含まれております

早くても1年で永住権を取得できますか?日本に移住する6つの方法を紹介します

2020年5月30日

日本への移民制度と5つの方法

英國《經濟學人智庫》(EIU)公佈的《2019年全球最宜居城市》排名中,香港的排名由34位下跌5位至第38位。同時間,大阪及東京則分別排行第4與第8位。為追求更好的居住環境,希望移民到日本的香港人越來越多。

日本の入国管理制度は、「帰化」と「永住」の5種類に分けられます。申請にかかわらず、原則として日本にXNUMX年以上居住し、納税義務を果たしている必要があります。日本に住むにはたくさんの方法があります。この記事では、6つの一般的な方法を紹介します。

日本の2種類の入国管理システム

日本に移住するには、日本に永住する権利を取得する必要があります。制限なく日本に住むためには、永住ビザを申請したり、帰化制度を利用して日本人になることができます。以下では、これら 2 つの方法の詳細と違いについて簡単に説明します。

留学ビザや就労ビザを取得すれば日本に住むことができますが、これらのビザには期限があり、有効期限が切れた後に更新しないと日本を出国しなければなりません。

永住ビザを申請する日本の永住権を取得する

永住ビザステーションは、日本におけるビザの一つであり、永住ビザを取得すると、日本に永住する権利を得ることができます。日本に永住することはできますが、日本国籍は持たず、日本のパスポートも申請できず、各種選挙での投票権もありません。

また、永住権ではありますが、帰化とは異なり、永住ビザが取り消される可能性があります。たとえば、日本を長期間不在だったり、重大な犯罪を犯したりした場合、日本政府は永住ビザを取り消すことがあります。による日本政府が発表した情報2021年には2人の永住者が永住ビザを取り消され、2018年には25人の永住者が永住ビザを取り消されたことがわかります。

永住ビザの申請条件は基本的に以下の3項目となります。

  1. 日本に10年以上居住しており、そのうち5年は働いて納税する必要がある
  2. 人格が良く、犯罪歴がなく、税金と年金保険に加入している
  3. 日本に十分な資産を有する、または日本で生計を立てる能力を有すること

高度人材ビザを保有している方、日本人または永住者の配偶者の方は、10年間居住することなく永住ビザを申請することができます。

帰化制度により日本人になる

帰化制度(きかせいど)は、外国人が日本国籍を取得できる制度です。帰化が成功すると「日本人」となり、他の日本人と同様の権利を享受することができます。。もちろん日本のパスポートも申請でき、長期不在や重大な犯罪を犯して国籍を剥奪される心配もありません。

帰化審査は基本的に一度通過すると覆ることができないため、帰化申請の審査は非常に厳しいものになります。帰化制度の基本条件は以下の7つです。

  1. 日本に5年以上居住しており、そのうち3年は働いて納税する必要がある
  2. 大人および18歳以上
  3. 善行
  4. 日本で生計を立てるのに十分な能力を持っていること
  5. 現在の国籍を離れる意思と能力があること
  6. 基本的な日本語能力を持っていること
  7. 日本国憲法を侵害したり、日本政府を転覆させようとしている団体とのつながりはありません

また、日本人が日本に住むのに十分な能力があることを確認するために、面接に参加する必要があるかもしれません。

日本への移民の第一歩:日本に住む6つの方法

日本に移住するには、まず日本に住んでいる必要があります。一般的に、日本での生活には6つの方法があります。

帰化または永住権を申請するかどうか、 "住む「日本で」も基本条件のひとつです。日本での人気の6つの生き方をご紹介します。状況に応じて、自分に合った方法を選ぶことができます。

ワーキングホリデービザを申請した後に就労ビザに移行することも、最も一般的な方法の2020つであることに注意してください。しかし、XNUMX年初頭に日本当局が審査基準を厳しくしたため、ワーキングホリデービザ期間の満了後、外国人は基本的に日本を離れなければならず、直接就労ビザに移すことはできません。したがって、ワーキングホリデービザを申請することは、日本に移住するための良い方法ではありません。

①優秀な人材を求めて「優秀なビザ」を申請する

才能のあるビザを申請する人に適しています

  • 専門家または専門家になることを熱望するあなた
  • 年間300万円以上稼ぐあなた
  • 優れた学業成績を持つあなた

「高度な才能のあるビザ」は、高度なスキルまたは才能のある人々のための就労ビザです。応募者年収は300万円(約20万香港ドル以上)以上、日本政府が定めた高水準の人材得点表で70ポイント以上を獲得する必要があります。

優秀な方は、日本に3年間住み、働いた後、永住権を申請することができます。高レベルのタレントポイント表で80ポイント以上を獲得すると、わずか1年で永住権を申請できます。

高レベルのタレントポイントテーブルには、学歴、実務経験、年収、年齢など、3つの基本的なスコアリングカテゴリがあります。また、香港大学や香港科技大学などの指定大学を卒業したり、JLPTN10に合格した人も特別ポイントを獲得できるなど、1の特別ポイント条件があります。

②日本人と結婚して「配偶者ビザ」を取得する

配偶者ビザを申請する方に適しています

  • 日本人と結婚しても構わない人
  • すでに安定した日本人パートナーをお持ちの方

日本人の配偶者を作って結婚したら、「配偶者ビザ」を申請して日本に住むことができます。ビザの有効期間は6ヶ月から5年で、その間日本で働くことができ、仕事の内容は基本的に無制限です。結婚して3年、日本に1年住んでから永住権を申請することができます。帰化を申請する場合は、日本に3年以上住んでいる必要があります。

この方法で永住権や帰化を申請する人は、一般的に審査が緩く、申請のしきい値も低くなります。今ではアプリやウェブサイトで友達を作る方法がたくさんあり、日本人のカップルとの出会いが簡単になりました!

③日本に行って就労し、「就労ビザ」を取得する

就労ビザに適しています

  • あなたは10年以上の実務経験があります

日本で働くために「就労ビザ」を申請することも日本に住む方法です。日本には多くの種類の就労ビザがあり、申請者が日本で従事する職業に応じて分けられます。たとえば、大学の教授は「教授ビザ」を申請でき、シェフは「スキルビザ」を申請できます。ビジネス、マーケティング、プログラミングなどに従事するホワイトカラー労働者は、「技術、人文科学の知識、および国際ビジネスビザ」を申請することができます。

就労ビザを申請する人は、基本的には、自分の仕事に関連する大学の学位以上を持っているか、10年以上の実務経験を持っている必要があります。また、就労ビザを申請する前に、まず日本で就職する必要があります。

日本に会社を設立し、「経営ビザ」を取得する

経営管理ビザを申請する方に適しています

  • 500万円以上(約HK$36)の貯金があり、起業できる方
  • 会社の上司であるあなた

日本に会社を設立して「経営ビザ」を取得することも、日本での生活の仕方です。会社を開くことは通常投資を伴うので、この方法は「投資移民」とも呼ばれます。

事業者として経営ビザを申請するには、以下の3つの条件を満たす必要があります。

  1. 日本の個人銀行口座には500万円(約36万香港ドル)以上の預金があります。
  2. 同社は日本に独立した事務所を持っています。
  3. 同社は2人以上の常勤スタッフを雇用しています。正社員は日本人が望ましい。

また、申請者は日本政府に会社開発計画を提出する必要があります。会社の事業の実現可能性または持続可能性が日本政府によって認められない場合、経営管理ビザの申請は拒否されます。

申請者は銀行口座を開設して日本に事務所を借りる必要があるので、通常、正式な「経営管理ビザ」を申請する前に、4ヶ月の準備ビザが最初に申請されます。

⑤まず「留学ビザ」を申請してから「就労ビザ」に移管

最初に学生ビザを申請してから日本で働く人に適しています

  • あなたは高校や大学を卒業したばかりです
  • 実務経験のないあなた

あなたの教育または仕事の経験が就労ビザを直接申請するのに十分でない場合、日本で最初に勉強するのも良い方法です。

結局のところ、日本の学歴は地元でより認識されやすく、就職活動に役立つかもしれません。さらに、学生ビザから就労ビザへの移行手続きは比較的簡単です。

現在、日本の大学の多くは英語で教えられるコースを提供しているので、日本語がわからない外国人でも応募できます。大学はまた、実践的またはビジネスの日本語コースを提供します。数年の準備期間を経て、就職や就労ビザの申請がより簡単になります。

⑥難民申請

難民ビザを申請する人に適しています

  • あなたは政治的迫害や戦争のために議会に戻る危険にさらされています

難民申請に成功すると、日本での居住権を取得できます。その後、永住権または帰化を申請することができます。難民審査は最長2年かかるため、難民申請者は審査が完了する前に日本に住むことができます。

然而、難民申請の成功率は高くありません。日本政府が発表した数字によると、2018年には10,493人の難民申請者がおり、そのうち42人(0.4%)だけが承認されました。

要約

日本への移民の第一歩は、日本に住むことです。なぜなら帰化制度と永住制度のどちらで日本に移住する場合でも、「在日」の条件を満たす必要があります。日本に住む一般的な方法は6つあります。

①専門家向けの「高度に専門化されたビザ」を申請する
②日本人と結婚して「配偶者ビザ」を取得する
③「就労ビザ」を取得するために日本で就労する
④日本で会社を開くための「経営管理ビザ」を取得する
⑤まず「留学ビザ」を申請してから「就労ビザ」に移管
⑥難民申請

千マイルは一歩から始まります。日本への移民を計画している場合は、自分の状況や能力に応じて、すぐに日本に住む準備をしてください。

今週のトップ5記事

  1. 日本大学ランキング2024年版+世界ランキング・国内ランキング・ご希望の大学を選ぶのに役立つ7つのレベル (20,698)
  2. 早くても1年で永住権を取得できますか?日本に移住する6つの方法を紹介します (16,831)
  3. クレジットカードなしで日本に住むのは不便ですか?外国人や留学生におすすめの日本のクレジットカード5枚 (15,996)
  4. 出国前に日本の携帯電話番号で申請できますか?日本の主要4つの申請方法を比較! (15,796)
  5. 【2023年最新ランキング】7枚の日本のGeanSIMカードを徹底比較@月額850円で最安値! (12,343)

-日本の移民情報
-