※当サイトにはマーケティング広告が含まれております

日本大学ランキング2023年版+世界ランキング・国内ランキング・ご希望の大学を選ぶのに役立つ7つのレベル

2022年10月8日

日本の大学の7つのレベル

2022年現在、日本には795の大学があります。大学がたくさんあるので、選ぶのが難しいかもしれません。

レベルが高すぎる大学は入学が困難ですが、レベルが低すぎると就職に影響を与える可能性があります。日本の様々な大学のレベルを把握するために、日本の大学のランキングを参照することができます。

この記事はカバーします日本の大学150校のランキング試験に申し込む前に、お気に入りの学校がどこにランク付けされているかを確認することをお勧めします。

日本の大学に入学する前に、日本のランキングを参照してください

大学の質を知る最も簡単な方法は、大学ランキングを参照することです。大学ランキングと言えば、QSやTimes HigherEducationなどの世界大学ランキングを思い浮かべるかもしれません。

だが、これらのランキングは、日本の大学のレベルを完全に反映していない可能性があるため、大学を選択する際には、国内の大学ランキングも参照してください。.特に卒業後、日本に滞在して働く予定がある場合はなおさらです。

世界ランキングは日本の大学のレベルを反映していない

まず、日本の大学の世界ランキングを見てみましょう。以下は、世界ランキングの上位10大学の日本の大学です。リストにある大学の世界ランキングは括弧内にあります。

日本ランキングTimes Higher Education 世界大学ランキング 2023 (世界ランキング)
※2022年10月16日更新
QS世界大学ランキング2023年(世界ランキング)
※2022年10月16日更新
1位東京大学(39名)東京大学(23名)
2位京都大学(68名)京都大学(33名)
3位ノースイースタン大学(201〜250人の学生)東京工業大学(55名)
4位大阪大学(251〜300人)大阪大学(68名)
5位名古屋大学(301〜350名)ノースイースタン大学(79人)
6位東京工業大学(301〜350名)名古屋大学(112名)
7位北海道大学(501〜600名)九州大学(135名)
8位九州大学(501〜600名)北海道大学(141名)
9位東京医科歯科大学(501~600)慶應義塾大学(197名)
10位筑波大学 (501-600)早稲田大学(205名)

 

世界ランキングは通常、日本の大学の学位を過小評価しています。たとえば、有名な早稲田大学は、2022年のタイムズハイアーエデュケーション世界大学ランキングのトップ10に含まれていません。また、多くの優れたビジネス人材を育成してきた一橋大学はリストに含まれていません。

リストに載っていても、大学は7人の日本人首相を出産した有名な私立大学に後れを取っています。香港城市大学と香港バプテスト大学に後れを取っています。

世界ランキングが日本の大学を過小評価している理由

世界ランキングが日本の大学のレベルを過小評価しているのはなぜですか?主な理由は以下のとおりです。

  1. 日本にはたくさんの大学があります
  2. 日本の大学の論文は主に日本語で書かれており、英語で書かれているものは最も少ない。
  3. 留学生と外国人教授の割合は、外国の大学よりも低いです。

日本の大学のレベルを正確に把握するためには、日本の大学のランキングを参照する必要があります。

タイムズ・ハイアー・エデュケーション世界大学ランキング日本2022

日本の大学の特殊な状況に対応して、世界ランキングに加えて、タイムズ高等教育世界大学は大学ランキングの日本版も立ち上げました。

大学の「研究力」に焦点を当てた世界版とは異なり、日本語版は以下の3つのカテゴリーを含む学校の「教育力」に重点を置いています。

  • 教育の妥当性:教授と学生の間の交換の機会を含む教育の妥当性の程度、および学生と高校の教師の間の大学の推奨レベルを調査します。
  • 教育の成果:企業リソース部門と学者の評価と調査
  • 国際性:教授に対する留学生の比率、留学している日本人学生の比率、外国語教育の比率
日本ランキング(昨年)タイムズ・ハイアー・エデュケーション世界大学ランキング日本2022
1ビット(1ビット)ノースイースタン大学
2ビット(3ビット)東京大学
3ビット(5ビット)大阪大学
3ビット(2ビット)東京工業大学
5ビット(4ビット)京都大学
6ビット(6ビット)北海道大学
7ビット(8ビット)九州大学
8ビット(7ビット)名古屋大学
9ビット(9ビット)筑波大学
10ビット(10ビット)広島大学

 

近年、外国人留学生の紹介や日本人学生の留学奨励に力を入れており、東北大学が1位にランクインしています。

日本の大学のランキング(学年)

日本は一般的に大学をS、A、B、C、D、E、Fの7つのレベルに分けています。。その中で、Sのような大学は最高で最も入学が難しい大学です。大学のレベルは、一般的に以下のベンチマークに従って分けられます。

  • 大学の学力偏差値※1
  • 大学の知名度
  • 入学の難しさ
  • 仕事を見つけやすい

※1学力偏差は、日本の高校生の学力を推定するための教育統計の概念です。50以上の偏差は、より良い結果と見なされます。

大学ランキングは雇用と一定の関係があります

毎年卒業生が多いため、大企業の中には大学ランキングに基づいて学生を選ぶところもあります。一般的に言えば、経営幹部以上の大学の学生は、就職すると有利になります

とはいえ、Sのような大学に入学してもリラックスすることはできませんし、D以下の大学に入学してもスムーズに就職できないわけではありません。大学で充実し、「就職活動」のスキルを身につけていれば、Fなどの大学を卒業しても就職に成功します。

日本の大学ランキングの7つのレベル:SからFまで

150の日本の大学のレベルを見てみましょう!

以下に、日本の150の大学のランキングをまとめました。このランキングは、日本の有名な授業料機関と予備校の東津がまとめた「大学偏差値リスト」とオンラインデータに基づいています。

※ランキングベンチマークが異なると大学ランキングも異なるため、本記事のランキングが他のランキングと異なる場合があります。学校を選ぶ際には、さまざまな資料や意見を参照してください。

Sクラス大学

日本で最も高い機関:東京大学は確かにSなどに属しています。
東京大学(S等)

Sランク大学は日本で最高の大学のXNUMXつであり、入学するのが最も難しい大学です。。 S大学などには、東京大学、京都大学、大阪大学の3つの国立大学と、多くの日本のビジネス人材を育成してきた一橋大学があります。

また、早稲田大学の一部の学部もSに所属しており、政治経済学部、法学部、経営学部、社会科学部、文学部、国際教養学部、文化概念学部、学部などがあります。早稲田大学理工学部、創造科学技術学部。その中で、政治経済学部が最高位です。

S等は以下のようにS1とS2に細分することができます。

  • S1:東京大学、京都大学、一橋大学
  • S2:東京工業大学、東京医科歯科大学、大阪大学、慶應義塾大学、早稲田大学(高等学部)

Aランク大学

リエンの有名な早稲田大学はAクラスに属しており、その学部のいくつかはSクラスですらあります。
早稲田大学(A〜S等)

東北大学、名古屋大学、九州大学、北海道大学(「地方旧帝国大学」など)、つくば大学、横浜国立大学、お茶の水女子大学(「首都圏難民大学」など)は、いずれもAレベルの大学です。Sや他の大学ほど難しくはありませんが、これらの大学は決して合格するのは簡単ではありません。なので、入試の準備をしてください。

また、A大学や広島大学、岡山大学、金沢大学などの大学も「名門地方大学」であり、地域の優秀な企業に就職するのに役立ちます。

Aなどは、以下のようにA1、A2、A3に分けられます。

  • A1:東北大学、名古屋大学、和田大学(下学部)、慶應義塾大学(湘南藤沢キャンパス)
  • A2:九州大学、北海道大学、筑波大学、神戸大学、横浜国立大学、お茶の水大学、東京外国語大学、国際学部
  • A3:千葉大学、東京農業技術大学、メトロポリタン大学、大阪市立大学、広島大学、岡山大学、金沢大学、東京学芸大学、ソフィア大学、国際キリスト教大学、中央大学(法学部)

Bクラス大学

「MARCH」の明治大学はクラスBに属しています。
明治大学(Bランク)

京都工科大学、名古屋工業大学、電気通信大学などの高等専門学校はすべてBレベルの大学です。B等ですが、短期大学への入学の難しさと評判が良いので、Aレベルの大学に匹敵する可能性があります

また、B級大学には、関東の「MARCH」と呼ばれる立教大学、明治大学、中央大学などの有名な私立大学や、埼玉大学、静岡大学、志賀大学などの有名な地元の大学があります。関西の有名な私立大学。

Bクラス内のB1、B2、B3などの大学は以下のとおりです。

  • B1:名古屋工業大学、名古屋市立大学、熊本大学、三重大学、新形大学、奈良女子大学、電気通信大学、京都工科大学、大阪県立大学、京都県立大学、横浜市立大学、東京科学大学
  • B2:静岡大学、志賀大学、信州大学、埼玉大学、大太郎商工大学、神戸外国語大学、長崎大学、国立岐阜大学、大阪教育大学、九州工科大学、兵庫県立大学、道志社大学、利教大学、明治大学
  • B3:山形大学、群馬大学、山梨大学、香川大学、鹿児島大学、徳島大学、京都教育大学、東京海洋大学、静岡県立大学、都立芸術大学、中央大学(法学部を除く)大学・青山学院大学

Cクラス大学

有名な女子校津田塾はCクラスに所属しています。
津田塾大学(C等)

経営幹部レベルの大学は、経営幹部レベルの大学よりも入学が容易です。の中C3などの大学の偏差値は平均レベルである約50です。

Cレベルの大学には、「MARCH」でもある法政大学が含まれます。関東には、津田十九大学と東京女子大学のXNUMXつの有名な私立女子大学もあります。関西側には、関西大学、関西学院大和、立命館大学(同志社大学はBレベルの大学)という有名な私立大学「関西通力」があります。

Cグレードは、以下に示すように、C1、C2、C3の合計3つのグレードに分類できます。

  • C1:岩手大学、岩城大学、戸山大学、江姫大学、山口大学、若山大学、宇都宮大学、高崎経済大学、愛知大学、津田大学、律明館大学、関西大学、関西学院大学、法生大学
  • C2:福島大学、福井大学、弘前大学、宮崎大学、大分大学、高知大学、広島県立大学、鳴門教育大学
  • C3:秋田大学、鳥取大学、島根大学、佐賀大学、前橋工科大学、高知工科大学、宮城大学、相津大学、志賀県大学、奈良県大学、北九州大学、東京女子大学

Dクラス大学

明治学院大学はDクラスに属しています。明治大学もBという名前ですが、よく似ていますが、間違いありません。
明治学院大学(D等)

Dクラスの大学はCクラスの大学よりも二流の大学であり、Cクラスの大学ほど有名ではありません。しかし、これらの大学の中には、芝浦工業大学や東京都立大学などのC大学に匹敵する、科学と工学に比較的強い大学もあります。

より多くの学生に応募してもらうために、Dなどの一部の大学には多くの奨学金があります。

Dなどは、以下のようにD1とD2に細分できます。

  • D1:室蘭工業大学、北見工業大学、琉球大学、下関市立大学、青森公立大学、戸山県立大学、福井県立大学およびその他の県立大学、南山大学、豊田工科大学、日本女子大学
  • D2:成蹊大学、芝浦工業大学、明治学院大学、武蔵大学、成城大学、東京農業大学、東京メトロポリタン大学、南西学院大学

Eランク大学

学生数7万人近くの日本の大学はEランクに属しています。
日本の大学(Eなど)

E級大学は「中学5年生(日本の高校2年生)から頑張れば誰でも入学できる大学」と呼ばれています。。少し努力すれば、Eランク大学にも合格できると思います。

日本で最も学生数が多い日本の大学(2019年5月の数値による)もEに分類されます。

Eなどは、以下に示すように、E1とE2に細分できます。

  • E1:国学院大学、道京大学、近畿大学、駒澤大学、東洋大学、職業大学、東京経済大学、京都三郷大学、龍国大学、日本大学、甲南大学、福岡大学、中京大学、仏教大学、京都女子大学、駒澤大学外国語学部女子校
  • E2:大阪経済大学、神戸学院大学、北海学園大学、東北学園大学、東方大学、順天堂大学、武蔵野大学、名城大学、東京電芸大学、愛知大学、愛知学院大学、広島修道大学、玉川大学、神奈川大学

F級大学

上記の文書化されていない大学は、Fと、東海大学、国士舘大学、アジア大学、帝京大学、名古屋学院大学、桃山学院大学などの他の大学に分類できます。

正直なところ、Fのような大学はあまり知られておらず、教育の質も高くありません。専門学校や短期大学よりも劣っている大学もあります。卒業後、日本で就職したい場合は、スキルを身につけたり、実務資格を取得したりするなど、勉強しながら身につける必要があります。同時に、就職活動のスキルも身につける必要があります。

大学を選ぶ際に知っておくべき留学生数のランキング

大学の留学生数も重要な参考値です。

大学ランキングに加えて、大学を選ぶ際のもう一つの参考番号は、留学生の数です。。日本学生サービス機構(JASSO)は、2年ごとにさまざまな大学の留学生の数を報告しています。以下は、参考のために留学生の数でランク付けされた上位30の大学とその成績のリストです。

ランキング大学名学年留学生数(2019年5月)
1早稲田大学S2 / A15,724人
2東京福祉大学F4,273人
3東京大学S14,178人
4日本経済大学F3,487人
5立命館アジア太平洋大学F2,759人
6立命館大学C12,673人
7京都大学S12,631人
8大阪大学S22,594人
9九州大学A22,387人
10筑波大学A22,372人
11北海道大学A22,223人
12ノースイースタン大学A12,162人
13慶應義塾大学S22,103人
14名古屋大学A12,038人
15広島大学A31,898人
16東京工業大学S21,774人
17東洋大学E11,657人
18明治大学B21,582人
19上智大学A31,555人
20同志社大学B21,410人
21日本大学E11,405人
22神戸大学A21,399人
23東海大学F1,133人
24成西国際大学F1,118人
25法政大学C11,107人
26帝京大学F1,082人
27拓殖大学F1,080人
28東京国際大学F1,062人
29京都情報技術研究所F1,059人
30関西大学C11,045人

留学生が多い最初の30大学のうち、C以上の19大学が占めています。大学に出願する際には、これらの19の大学を優先することをお勧めします。

要約

日本の大学の真の学力を把握するには、日本の大学のランキングを参照する必要があります。日本人は大学をSABCDEFと合計7学年に分けており、その中でS級大学が最もレベルが高く、入学が最も困難です。Fグレード大学は合格しやすいですが、レベルが低すぎると雇用に影響を与える可能性があります。大学を選ぶときは、大学の学位と自分の能力を測ってください。

また、留学生数など他の数字も参考にできます。自分に合った大学を選んで、日本で幸せで充実した生活を送っていただければ幸いです。

日本から定期的に役立つ情報を受け取りたいですか?
急いでこのページを気に入ってください!

今週のトップ5記事

  1. 日本大学ランキング2023年版+世界ランキング・国内ランキング・ご希望の大学を選ぶのに役立つ7つのレベル (18,359)
  2. 早くても1年で永住権を取得できますか?日本に移住する6つの方法を紹介します (12,506)
  3. クレジットカードなしで日本に住むのは不便ですか?外国人や留学生におすすめの日本のクレジットカード5枚 (10,597)
  4. 日本留学費用を徹底分析|留学1年間の学費・生活費はいくら?お金を貯める方法はこれ! (10,446)
  5. 【2023年最新ランキング】7枚の日本のGeanSIMカードを徹底比較@月額850円で最安値! (9,727)

-日本留学情報
-,