※当サイトにはマーケティング広告が含まれております

IT業界はエンジニアだけのものではありません!日本のIT業界における6つの主要な職業:年俸と仕事の内容

IT業界はエンジニアだけのものではありません!日本のIT業界における6つの主要な職業:仕事の内容と年俸

IT業界と言えば、すぐにITエンジニア、プログラミング(プログラミング・プログラミング)、および開発の仕事について考えることができます。しかし実際には、IT業界にはさまざまな職業があります。

実際、私はIT業界で非エンジニアとしても働いています。

この記事では、IT業界における6つの非エンジニアリングの仕事を紹介します。おそらく、自分に合ったキャリアを見つけることができるでしょう。

日本のIT業界の6つの職業(非エンジニア)

ITエンジニアだけでなく、IT業界には、顧客との取引の販売やマーケティングなど、さまざまな種類の職業があります。

※平均年収は、国際人材部のマイケル・ペイジから引用しています。調査報告書「日本年収調査2022」

1。販売および販売(商業)

IT業界の営業スタッフは、主に顧客との連絡とコミュニケーション、および会社のIT製品の販売を担当しています。 IT製品のコンテンツは、Webサービス(Web提供)、自社開発ソフトウェア、問題解決、IT関連の代理店サービスなど非常に幅広くなっています。

他の業界と同様に、優れた営業担当者になるには、顧客のニーズと製品の特性を明確に理解し、顧客に提案する能力が必要です。

ただし、販売する商品はIT関連であり、お客様のトラブルやトラブルはIT関連である可能性が高いため、優れた営業担当者になるためには、IT関連の基礎知識も必要です。

IT業界の営業担当者の平均年収は1,500万円、管理職は1,800万円にもなる!

個人および会社の業績に応じて、販売および販売機能は素晴らしいボーナスとボーナスを獲得します!

2。 ITコンサルタント

お客様のビジネスの状況や目標に応じて、お客様が直面している現在の問題を解決するためのさまざまなITソリューションを提案することがITコンサルタントの基本的な仕事です。顧客の要件をできるだけ早く満たすために、多くのITコンサルタントが顧客の会社に「常駐」しています。

優れたITコンサルタントになるには、ある程度のIT知識を持ち、ITテクノロジーに関する最新情報を習得するだけでなく、高度な問題分析スキルと数値に対する感度も必要です。。さらに、顧客や自分のエンジニアとコミュニケーションをとるには、優れたコミュニケーションスキルも必要です。

ITコンサルタントの年収は約1,100万円で、一般の技術者よりも高い。

3。インターネットマーケター(Webマーケター)

インターネットの人気に加えて、インターネットマーケター(Webマーケター)の必要性も高まっています。インターネットマーケターの主な責任は、インターネット(Web)とマーケティング(マーケティング)に関連する知識を使用して会社に貢献することです。

会社や製品の種類によって、インターネットマーケターの仕事内容は大きく異なります。ジョブコンテンツの例は次のとおりです。

  • オンライン広告(ウェブ広告)
  • SEO(検索エンジン最適化・倉庫最適化)
  • Webコンテンツの作成
  • ウェビナー(ウェビナー)
  • SNSマーケティング(SNSマーケティング)

中小企業の場合、いくつかの異なる作業内容を担当する必要がある場合があります。また、テレビ雑誌の広告や物理的な見本市などの物理的なマーケティング(リアルマーケティング)作業を行う必要がある場合もあります。

技術の進歩に加えて、広告や宣伝の方法は日を追うごとに変化しています。したがって、オンラインマーケターは、時代に遅れずに遅れないようにするために、常に最新のマーケティング情報を吸収する必要があります。

インターネットマーケターの年俸は約700〜750万円。

Webマーケティングの仕事内容についてもっと知りたい場合は、Facebookからお問い合わせください。

4。データサイエンティスト(データサイエンティスト)

データサイエンティスト(データサイエンティスト)の役割は、ビッグデータを使用して会社の経営上の問題や問題を分析および解決し、それによって会社の成長を支援することです。急速なITトレンドとIT製品の普及により、企業は顧客からますます多くのデータを収集できます。収集された膨大な量のデータを整理して活用するために、データサイエンティストの需要は高まっています。

データサイエンティストになるには、SQLやPythonなどの基本的なIT言語を学ぶ必要があります。

仕事内容はデータアナリスト(データアナリスト)と似ていますが、データサイエンティスト(データサイエンティスト)は、データを分析するだけでなく、顧客や企業のビジネス目標と現状を理解し、ビジネス上の問題を分析して習得し、改善点と関連する計画をリストする必要があります。

また、データサイエンティストの年収は約900万円で、データアナリストの750万円を上回っています。

5。プロジェクトマネージャー(プロスコープ)

PMとも呼ばれるプロジェクトマネージャー(プロジェクトマネージャー)は、主に、スケジュール、見積もり、品質などを含むITプロジェクト全体の管理を担当します。その中で、独自のIT製品を開発するPMは、プロダクトマネージャー(からぜ)とも呼ばれます。

社内外のITエンジニアや経営陣とのコミュニケーションが必要なため、PMは、ITや会社の運営についてある程度の知識を得るには、高度なコミュニケーションスキルと交渉スキルも必要です。もちろん、プロジェクトに関連する時間、予算、人材を管理する能力も非常に重要です。

首相の年俸は約1,200万円。PMになりたい場合は、PMテスト(プロジェクトテスト)を試すことができます。

PMテスト(ゲノムテスト)は、5ポイントの高いタレントスコアをもたらすことができます!

6。ブリッジソフトウェアエンジニア

ブリッジソフトウェアエンジニア(ブリッジシステムエンジニア)はブリッジエンジニアとも呼ばれます。もちろん、仕事の内容はブリッジを構築することではなく、海外のIT企業のエンジニアとのコミュニケーションを支援することです。名前にはエンジニアという言葉が含まれていますが、ほとんどのブリッジソフトウェアエンジニアは自分でプログラムする必要はありません。さらに、頻繁に海外旅行をする機会があるため、BridgeSoftwareEngineerは旅行が好きなあなたに非常に適しています。

日本の人件費は東南アジアやアフリカよりも高いため、多くの日本企業は簡単な開発・プログラミング作業を外国のIT企業にアウトソーシング(アウトソーシング)しています。ブリッジソフトウェアエンジニアは、会社とアウトソーシング会社の間の架け橋です。

ブリッジソフトウェアエンジニアになるには、ある程度のIT知識に加えて、高度な言語スキルが必要です。多言語を話すことができる私たちにとって、ブリッジソフトウェアエンジニアになることには一定の利点があります

橋梁ソフトウェア技術者の年俸は400万円から1,000万円と非常に広い。

経験のないIT業界に参加できますか? マスターする必要がある3つのポイント

経験のないIT業界に参加できますか? マスターする必要がある3つのポイント

日本のIT企業は、人材不足が深刻化する中、実際のIT実務経験のない若者の採用にますます消極的です。

とはいえ、経験のないIT業界への移行は、障壁のない完全なラインではありません。以下では、習得する必要のある3つの重要なポイントについて説明します。

システムエンジニア(SE)またはプログラマーをターゲットにすることをお勧めします

経験がまったくないがIT業界に異動する場合は、参入障壁の低いシステムエンジニア(SE)またはプログラマーが最適な出発点になります。慢性的な人材不足により、これらの職業にはさらに多くの欠員があり、企業は他の業界から転勤した経験の浅い外国人をより積極的に採用しています

SEまたはプログラマーになるには、少なくとも1つのプログラミング言語を知っている必要があります。日本では、日本のIT企業の間で次の3つの言語が注目されています。

  1. Python :Googleの3つの主要なプログラミング言語のXNUMXつとして、Pythonには幅広いアプリケーションがあります。AIやモバイルアプリの開発、データサイエンス(データサイエンス)、Webスクレイピングプログラムなどの分野が役立ちます。
  2. JavaScriptを:ウェブサイトを作成する場合でも、モバイルアプリを開発する場合でも、JavaScriptを使用できます。オンラインマーケティングが非常に人気のある今、会社や製品のウェブサイトの制作に対する需要は長い間高くなっています。長いウェブページの作成に興味がある場合は、HTML/CSSを学ぶ必要があります。
  3. ルビー:日本のコンピューター科学者まつもとゆきひろが設計・開発したプログラミング言語Ruby。 海外でのRubyの人気は低下する傾向にありますが、日本ではまだRuby関連の開発作業がたくさんあります。日本で長期間開発する予定の場合は、Rubyの使い方を学ぶこともできます。

多くの人がこれらの3つの主流言語を知っているので、企業は経験の浅い新人を教育するための人材を手配する方が簡単です。また、インターネット上には関連する教材や情報がたくさんあり、問題が発生したときの解決が容易で、初心者に最適です。

そうは言っても、最も重要なのはあなたの興味と能力です。プログラミングにまったく興味がない場合は、強制的に学習させても成功しません。

著者はWebマーケティング業界に属しており、長期的に人材が不足していますが、転職を成功させるには、一般的にある程度の実務経験が必要です。

必要な基本的なIT知識

どんな種類のキャリアを目指すにしても、IT業界に参加する場合は、最も基本的なIT知識を習得する必要があります。

たとえば、プロジェクトマネージャーは、自分でプログラムする必要はありませんが、プロジェクト開発の進捗状況を理解して管理するために、社内外のさまざまなエンジニアとコミュニケーションをとる必要があります。したがって、ある程度のITとプログラミングの知識がなければ、プロジェクトマネージャーの仕事をすることはできません。

IT業界での実務経験がなく、IT関連部門を卒業していないが、IT業界に転職したい場合は、転校前にITの基本的な知識を事前に学ぶ必要があります。

また、ITパスポート(ITパスポート試験)や基礎情報技術者試験(基礎情報技術者試験)などのIT業界関連の資格証明書を取得して、ある程度のIT知識があることを証明することもできます。

IT業界に効率的に移行したいですか?ITショートコースに登録することをお勧めします

経験がまったくないがIT業界に転校したい場合は、自習よりも短期のIT関連コースに登録する方が費用効果が高くなります。

市場にはIT初心者向けの教科書がたくさんありますが、結局ITやプログラミングは単純な内容ではなく、教科書から学ぶのは本当に難しいです。また、学習の問題に直面した場合、誰もそれについて話し合うことができず、ITの自己学習が難しくなります。実際、ITを自分で学ぶ人の8〜9%は、挫折に遭遇したか、途中で諦めさえしました。

一方、ITショートコースは基本的にITの知識や経験のない人向けに設計されており、難易度は初心者に適しています。一般的な教育に加えて、多くのコースでは、学生が学習における学生の問題を支援し、答えるためのフルタイムのチューターも提供しています。

加えて、一部のコースには、学生が卒業後にIT企業からデフォルトの求人を正常に取得できるようにするための「転勤保証」が付属しています。。学校は、就職の紹介だけでなく、面接やさまざまな書類の作成を支援するキャリアコーチングも提供しています。

学校があなたに適しているかどうかわかりませんか?最初に学校に確認するか、無料の「体験入場」を申請することもできます。

型【ITエンジニア転校保証】日本で最も人気のある16週間のITコース:TechAcademy(テックアカデミー)/

0の経験がありますが、ITエンジニアになるためにキャリアを変えたいですか?最も多く登録されている日本のITコースであるTechAcademyがあなたの選択です。アクティブなITエンジニアの注意深い指導の下で、16週間以内にIT業界で働くために必要な基本的な知識を習得することができます!

TechAcademyのオンラインITコースが人気のある4つの理由:

  1. 経済産業省認定:最大70%の授業料支援(※特定の条件が必要です。詳細については、このドキュメントを参照してください。
  2. 短時間で調査を完了します:16の経験から初心者のITエンジニアまで0週間
  3. アクティブなITエンジニアがあなたの学習を完全に支援します。週に1回、毎回2分の30対XNUMXの面接を行い、学習障害の解決を支援します。
  4. 卒業後6ヶ月以内の転勤保証:デフォルトの合意が得られない場合、授業料は全額返金されます

※転勤保証コースのほか、なりたい方のためのコースもあります。副業ITエンジニアとしてのあなたのためのコースウェブデザインPython Javaモバイルアプリ開発など、さまざまなIT関連のコースがあります。

TechAcademyの詳細については、ここをクリックしてください。

無料相談サービスを予約するには、ここをクリックしてください!

要約

ITエンジニアだけでなく、IT業界には、販売と販売(営営)、ITコンサルタント(IT会社)、インターネットマーケター(Webマーケター)、プロジェクトマネージャー(プロジェクトマネージャー)など、さまざまな種類の仕事があります。これらの職業の平均年収は低くはありません。IT業界に参加する予定がある場合は、それを検討することもできます。

実践的なプログラミングである必要はありませんが、これらの職業で働くには、基本的なレベルのIT知識が必要です。あなたがIT製品の営業担当者であり、ネットワークマーケティング担当者であると想像してみてください。十分なIT知識がない場合、製品の機能と顧客のニーズをどのように理解できますか?

ITの基本的な知識を学ぶために、自習用の本を購入するだけでなく、Udemyの関連コースに登録することもできます。費用対効果の高いものを探している場合は、IT関連の短期コースに直接登録することを検討してください。初心者向けのコース内容に加えて、IT会社のデフォルトのアポイントメントを確実に取得できるように、転勤保証付きのコースもあります。

今週のトップ5記事

  1. 日本大学ランキング2024年版+世界ランキング・国内ランキング・ご希望の大学を選ぶのに役立つ7つのレベル (19,962)
  2. 早くても1年で永住権を取得できますか?日本に移住する6つの方法を紹介します (15,825)
  3. クレジットカードなしで日本に住むのは不便ですか?外国人や留学生におすすめの日本のクレジットカード5枚 (15,007)
  4. 【2024年最新】出国前に日本の携帯電話番号で申請できますか?日本の主要4つの申請方法を比較! (13,182)
  5. 【2023年最新ランキング】7枚の日本のGeanSIMカードを徹底比較@月額850円で最安値! (12,036)

-日本の求人情報
-, , , , ,