※当サイトにはマーケティング広告が含まれております

日本で暮らすために知っておきたい日本の税金|日本の税金の申告や節税方法を簡単に紹介

2023年5月5日

日本で暮らすために知っておきたい日本の税金|日本の税金の申告や節税方法を簡単に紹介

アジアで有名な福祉国家として、日本の税制は確かに単純ではありません。毎月日本政府に支払わなければならない金額を知るためには、基本的な日本の税金を理解することが非常に重要です。

この記事では、日本に住む外国人が知っておくべき、所得税、住民税、消費税の3つの税金と、税金の申告方法、基本的な節税方法を紹介します。日本に住んでいるなら、この情報をマスターすることを忘れないでください!

日本の税制入門:日本で生活する上で知っておくべき3つの税金

実際の収入を把握するためには、日本の税制をよく理解することが非常に重要です。次に、日本で生活する上で知っておくべき3つの税金、所得税、住民税、消費税について説明します。

所得税

所得税(しょとくぜい)は、個人の年収(所得)に応じて課せられる税金で、直接税の一種です。日本国籍の有無にかかわらず、日本に住んでいる限り、所得はすべて所得税の対象となります。

日本の所得税は累進税率制で、年収が高いほど税率が高くなります。現在、日本の所得税率は7%から5%まで45段階に分かれています。また、諸外国の所得税と同様に、日本の所得税にも基礎控除があります。税額控除は税率と同じで、7段階に分かれていますので、詳しくは下表をご参照ください。

所得税の課税対象の年間総所得所得税率手当(支配控除)
195万円未満5%0円
195万円 330万円超10%97,500円
330万円 695万円超20%427,500円
695万円 900万円超23%636,000円
900万円 1,800万円超33%1,536,000円
1,800万円 4,000万円超40%2,796,000円
4,000万円以上45%4,796,000円

 ※参考:国税庁「所得税率'

所得税額を計算する前に、まず自分の年収を把握する必要があります。年収には、仕事の収入だけでなく、副業、投資、家賃収入、株の利子などすべての収入が必要です。また、日本に5年以上住んでいると、海外での収入が所得税の計算対象になります!

年収を把握したら、税額控除を整理できます。上記の基本的な免税に加えて、保険や寄付の購入、子育てや親の養育などで免税を受けることができます。日本の所得税には14種類の控除があります。

年収から税額控除を差し引くと、あなたの「所得税の課税対象の年間総収入」が分かります。これに所得税の相対税率を掛けると、自分が負担すべき所得税額がわかります。

一般的に言えば、会社は日本の会社員の所得税を計算する責任があります。所得税額を自分で計算する必要はありませんが、所得税額のおおよその計算方法を知っておくことは非常に重要です。

住民税

日本にXNUMX年住んだ後、住民税を支払う必要があります。住民税は、住んでいる地方自治体に納められる税金です。住民税は、昨年1月から12月までの所得をもとに計算されますので、昨年所得がなかった場合や、日本に全く滞在していない場合は、住民税を支払う必要はありません。

住民税の税率は一般的に10%ですが、都道府県によって税率が異なります。

年収が1万円未満の「勤勉な学生」は住民税が免除されるので、お近くの役所で手続きを忘れずに行ってください。

消費税

消費税とは、商品やサービスを購入する際に支払う必要のある税金のことで、基本的に日本国内で消費するものすべてに消費税がかかります。日本の消費税率は主に10%で、食材、持ち帰りやテイクアウト食品、ニュース購読などの「軽減税率対象商品」の税率は8%です。

観光客や短期間の日本滞在で、日本の特定の店舗で買い物をすると消費税が免除される、おなじみの「免税」。これまでは、日本に来たばかりの留学生や中長期在留外国人は日本での税金が免除されていましたが、日本政府が2023年4月1日に新法を改正・施行したことで、「短期滞在」「外交」「公用」以外の在留資格を有する外国人は非課税扱いにならなくなりました

留学やワーキングホリデーで来日する方も、日本で働く方も、来日したばかりでなくても、現時点では免税の対象ではありません。

日本の2つの納税方法:年末調整と確定申告

日本の2つの納税方法:年末調整と確定申告

日本の所得税と住民税の主な申告方法には、年末調整と確定申告の2つがあります。一般的に会社員は確定申告で確定申告を行いますが、会社員でない場合や本業以外の収入が20万円以上ある場合は確定申告が必要です。

次に、年末調整と確定申告の2つの税務申告方法の違いについて説明します。

年末調整:会社員の確定申告の仕方

年末調整(ねんまつちょうせい)とは、日本の税金関係の手続きの一つで、主に源泉徴収した所得税の額と実際に納めた所得税の額に差額があるかどうかを確認するものです。あなたが支払った所得税の額が正確であることを確認するため。

日本のサラリーマンは一般的に自分で税金を支払う必要はありません。会社があなたに代わってあなたの期待収入を政府に申告し、政府はあなたの期待収入に基づいてその年に支払う必要のある税金を計算し、直接控除します。毎月の給与税から差し引かれます。

だが、年末になると、昇進や残業代、賞与などで実際の年収が変わることがあるので、年末調整をしてその年の実際の収入を申告する必要があります。

年末調整が終わると、年末か翌年初めに「源泉徴収票」という書類が会社から発行されます。所得税の領収書には、所得の種類、所得、免税額(所得控除額)、所得税額などの重要な情報が詳しく記載されていますので、大切に保管してください。

確定申告:副業や投資所得が20万円を超える場合の税の申告方法

会社の本業収入以外に、副業収入、投資収入、不動産収入が20万円以上ある場合は、確定申告が必要です。

確定申告は、日本での納税手続きの一つで、確定申告を行う際には、収入明細や取引記録など、本業以外の収入を証明するものを提出する必要があります。副業の場合は、事務所の家賃や交通費、購入費など、仕事にかかる費用が収入から差し引かれますので、関連資料の準備を忘れないようにしてください。

申告内容を確認するために準備しなければならない情報や書類は多く、複雑な計算や控除が必要な場合もありますので、税理士に相談して作成することをお勧めします。

上記の書類を準備し、確定申告の申請書に記入後、最寄りの税務署に書類を提出することができます。マイナンバーカード(マイナンバーカード)をお持ちの方は、電子申請もご検討いただけます。電子申請を利用すれば、自宅から出ずに確定申告ができます。

申告確認の申請期間は通常、毎年2月16日から3月15日までで、この期間内に申告を完了しないと、罰金や追加の税金が課される可能性があり、ビザの更新や永住権に影響を与える可能性が高くなります。居住地の申請権.したがって、日本に住んでいる場合は、税法に違反しないように、収入を適切に管理し、期限内に確定申告を完了するようにしてください。

投資が失敗した場合は、確認レポートを作成することも忘れないでください。過払い所得税は、あなたに還付される機会があります。

外国人のための日本での基本的な節税方法

外国人のための日本での基本的な節税方法

納税義務はありますが、やはり自分たちが頑張って稼いだお金なので、政府にただで渡したくはありません。以下では、日本で働く上で知っておくべき基本的な節税方法を3つ紹介します。

各種保険免責(保険管理免責)を上手に活用

医療や社会保障制度の負担を軽減するために、日本政府は、自分で保険を購入する人に対して合計 3 種類の保険税の控除を提供しています。 3 つの控除は個別に計算できます。

  1. 生命保険税の減免(生保材料を除く):生命保険に加入することで受けられる免税で、最大40,000円。
  2. 介護医療保険の非課税額(介護医療保険の免税額):医療保険に加入することで得られる非課税額で、40,000円まで。
  3. 個人年金保険の免税(個人年金保険の資料を除く):個人年金保険の加入で40,000万円まで免税。年金は60歳から受給でき、保険料と年金の支払い期間は10年以上である必要があります。

非課税額は、1年間お支払いいただく保険料によって異なり、計算方法は次のとおりです。

所得税住民税
1年分の保険料手当1年分の保険料手当
20,000円未満その年に支払った保険料の全額12,000円未満その年に支払った保険料の全額
20,000〜40,000円(年間支払保険料総額÷2)+10,000円12,000〜32,000円(年間支払保険料総額÷2)+6,000円
40,000〜80,000円(年間支払保険料総額÷2)+20,000円32,000〜56,000円(年間支払保険料総額÷2)+14,000円
80,000万円以上すべて 40,000円56,000万円以上すべて 28,000円

 ※参考:国税庁「生命保険の資材管理'

この3つの保険税控除額をうまく活用すれば、合計19万円の保険料控除額が得られます!また、上記の保険の免税に加え、地震保険の加入で最大50,000万円の免税も受けられます。

NISA投資をうまく活用する

NISA(ニーザ)はNippon Personal Savings Accountの略です。日本で金融商品に投資して利益を上げた場合、利益の 20% を税金として支払う必要があります。ただし、NISAが指定する株式やファンドを購入すれば、得られる特典は課税されません。つまり、NISAを通じて株式やファンドに投資することで、20%の税金を節約できます

NISAには「一般NISA」と「つみたてNISA」の20種類があり、XNUMX歳未満の方を対象としたジュニアNISA(ジュニアNISA)もあります。各制度の詳細と区分は以下の通りです。

総合保安院つみたてNISAジュニアNISA(ジュニアNISA)
最長利用期間5年20年5年
年間投資上限120万円40万円80万円
投資可能な金融商品上場企業の株式、ETF、ファンド、REITなど貯蓄・分散投資に適した長期・指定型ファンド一般のNISAと同じ
投資手法関連製品を直接購入する毎月の定期購入一般のNISAと同じ

 ※参考:金融庁「NISAって?'

2024 年以降の NISA 体制

より多くの方にご利用いただけるよう、2024年にNISAの制度が一新されます。新制度により、NISAの対象となる投資額と対象投資商品が増加、NISAも投資額が現行の3種類から「つみたて投资枠」と「成長投資額(成長投資枠)」の2種類に変わりますが、両者の違いは以下の通りです。

累計投資額(つみたて投資枠)成長投資額(成長投資)
最長利用期間制限なし制限なし
年間投資上限120万円240万円
投資可能な金融商品貯蓄・分散投資に適した長期・指定型ファンド(現行NISA対象商品と同様)上場企業の株式・ファンド(一部レバレッジが過剰でリスクの高い商品を除く)
NISA関連資産保有上限額2種類の投資総額1,800万円1,200万円
対象年齢18歲以上18歲以上

 ※参考:金融庁「NISAって?'

ふるさと納税制度(ふるさと納税)をうまく活用しよう

ふるさと納税とは、地方自治体に寄附金(納付)をすることで、税金が免除される制度です。寄付金1円につき、住民税1円が控除されます。免税以外にも、自治体からお礼の品が贈られます。お礼の品は、果物、海産物、日用品、飲み物、電化製品、旅行用品など多種多様で、防災用品との交換も可能です。お礼品の金額は、一般的に寄付額の約30%、つまり10,000億寄付すると約3,000円のお礼品がもらえるということです。

厳密にはふるさと納税には節税効果はありませんが、さまざまなプレゼントと交換できることから日本では大変人気があります。

要約

私たち日本に住む外国人には、もちろん税金を支払う義務があります。脱税で罰金が科せられるだけでなく、ビザの更新や永住申請にも影響が出る可能性が高くなります!脱税等を避けるために、特に所得税や住民税など、納めなければならない税金と申告方法に注意してください。

一般事務職の方は、毎年年末に所得税・住民税の確定申告を会社から求められます。給与所得は会社が代行して計算するので、年末調整の申請も煩雑ではなく、早ければ5分で完了します。

ただし、本業以外に20万円以上の副業・投資・賃貸収入がある場合は、追加の確認申告が必要です。年末調整に比べ、確定申告の手続きや必要資料が多く、準備に時間がかかります。脱税や遅延申告の申告をしたくない場合は、専門の税理士に確定申告の手続きをしてもらうことができます。

今週のトップ5記事

  1. 日本大学ランキング2024年版+世界ランキング・国内ランキング・ご希望の大学を選ぶのに役立つ7つのレベル (20,696)
  2. 早くても1年で永住権を取得できますか?日本に移住する6つの方法を紹介します (16,825)
  3. クレジットカードなしで日本に住むのは不便ですか?外国人や留学生におすすめの日本のクレジットカード5枚 (15,993)
  4. 出国前に日本の携帯電話番号で申請できますか?日本の主要4つの申請方法を比較! (15,793)
  5. 【2023年最新ランキング】7枚の日本のGeanSIMカードを徹底比較@月額850円で最安値! (12,342)

-日本の生活情報
-, , ,